お茶の淹れ方

最初にお断りしておきます・・・・
ここでご紹介するお茶の淹れ方は、あくまで標準的なもの
と思われる淹れ方に少しアレンジを施したものです。お茶
の好みは人それぞれで違います。ご自分でうまくお茶を淹
れられないと思われる方にご参考になれば幸いです。
また、ご自分でもっと美味しく飲むためにいろいろアレンジ
してみることも大事です。
  1. お茶の葉は一人分あたり3グラムもあればよいのですが、3グラムで一人分を美味しく淹れるのは経験上非常に難しいものです。一人分を淹れる時は5グラムくらい使うといいでしょう。
  2. お茶を淹れる水は水道水で十分です。しかし必ず一度沸騰したものを使いましょう。沸騰した状態で数分火にかけておくとカルキ臭がとれます。
  3. お湯はポットなどから湯冷まし(もしくは使う湯呑み)に移しておきます。湯呑みを使えば、お湯の量も自ずとわかり便利です。また、湯冷ましをすることで煎茶の渋味成分の煎出を抑え、旨み成分をひき立てることができます。反対にいえば、渋いお茶を飲みたいときには熱いお湯で淹れればよいわけです。
  4. 急須にお茶を入れてお湯を注ぎます。煎出時間は40秒から1分くらいです。このあたり、各自お好みの時間があるはずです。
  5. お茶の濃さと量が均等になるように少しずつ注ぎ分けます。湯呑みがA・B・Cと3つあればA→B→Cと注ぎ、次はC→B→Aと戻ります。これを繰り返します。一人分を注ぐ時は数回に分けて注ぎましょう。注ぎ分けることで急須の茶の葉が揺れて程よい煎出になります。
  6. お茶は最後の一滴まで搾りきりましょう。急須の構造上、一番濃いお茶が最後に出てきます。一滴ずつ湯呑みに分けてあげましょう。急須の中にお茶が残っていたら、二煎目が美味しく淹れられません。注ぎ終わったら急須の蓋を少しずらしておきます。お茶に息をさせてあげましょう。二煎目はポットのお湯をそのまま注ぎ、すぐに淹れても構いません。一煎目とは違う香味を楽しみましょう。三煎目くらいまでは楽しめます。
湯冷ましはあると便利
写真は益子焼き
最後の一滴まで・・・
こんなふうに急須を持つと
注ぎ易い

煎茶(蒸し製)の淹れ方

煎茶には蒸し製と釜炒り製がありますが、日本茶の中でもっともポピュラーなお茶が蒸し製煎茶です。この蒸し製煎茶にも、細くよれた針のように伸びたお茶もあればやや粉っぽい深蒸し煎茶もあります。ここではオーソドックスな伸びのお茶を美味しく淹れる順序を説明します。

5グラムはカレースプーンに軽く1杯
このページはインターネットエクスプローラーの
文字サイズ「中」以下でご覧下さい